©2019 by swingin'devils.com

Please reload

最新記事

芸術鑑賞会でSwingin' Devils Show!~小学校編~

December 18, 2017

星空が綺麗に見える冬がやってきました。みなさま、いかがお過ごしですか?

Swingin’ Devilsは数年前からご縁のある先生がお勤めの小学校の鑑賞教室にお招きいただきました。
小学校の皆さま、保護者の皆さまに「音楽で世界旅行」を楽しんでいただきました。

そのご縁がある先生は音楽が大変お好きで、ご自身もサックスを演奏されています!

「小さい頃から本物の生演奏に触れて欲しい。上質なエンターテイメントや音楽に触れることで人生を豊かにして欲しい。」という熱い気持ちから今回のオファーを頂いたのです。

第一部は低学年、第二部は高学年と3学年ずつ体育館にて。
校長先生のお話の後、スタート!!
(校長先生のお話、シンプルで短くてわかりやすかったです)

今回はSwingin’ Devils11+1+2 だったのです。
??
+1+2??

 

 


いつものSwingin' Devilsメンバーに加えて、
ボーカル吉田純也とダンサーMUNE&youも登場するスペシャルバージョン。
演奏・ダンス・歌・プロジェクターで世界旅行の演出です。

メンバーの登場の方法にサプライズを仕掛けましたよ。

 

 

サプライズ待機中のメンバーw
(荒井さん、小雪さん、佐々木さん、山縣さん)

びっくりしてもらえました!!(大成功!^-^)
みなさんも某夢の国で聞いたことのある曲のジャズアレンジから、ジャズの定番の曲を名刺代わりに演奏。

そして、「音楽で世界旅行」
プロジェクターで各国の特徴がわかる映像を映しながら、各国にまつわる曲を次から次へと繰り出します。
 

 ただ座っておとなしーく聴く…なんてことはSwingin’ Devilsのショウにはありえません!!
騒いでしまっていいのです!!!(むしろ、騒ごう!楽しもう!)
生徒の皆さまも保護者の皆さまにも、手拍子や振り付けで一緒に参加してもらいました。
先生が一番ノリノリで踊っていたようなw
いいですねっ

ヨーロッパやアメリカだけではなく、お隣の北朝鮮、紛争地域というイメージのシリアなど、テレビや新聞で名前とイメージだけ知っている国の音楽も聴いていただきました。
日本とはどういうつながりがあるのだろう、どんな音楽があるのだろう、などと
流れている情報をただ受け取るだけでなく、自ら興味を持って調べて知るきっかけになってもらえたら幸いです。

生徒代表のお二人から花束をいただいたのですが、その時に「鬼のパンツの歌ががイタリアの曲とは知らなかったのでびっくりしました。今日の演奏を聴いていろいろな国に行ってみたくなりました」と感想をいただきました!
わお!嬉しいですね、さっそく響いている。感受性豊か!
 

 こちらの手作りポスター(何枚もあって、デザインがそれぞれ違う!)を校内に貼って何日も前から楽しみにしてくださったり、実行委員会のPTAの皆さんや先生方も準備から当日まで盛り上げてくださっていました。
この題字、とっても素敵でしょう!
このポスターをみたメンバーはみんなテンションがあがっていました!

「仕事や子育てなどで、なかなか生の音楽に触れる機会が減ってしまったお父さん、お母さんにも是非楽しんでもらいたい」と委員の方々が保護者のかたにも積極的にご案内されたところ、例年の2倍の参加申し込みがあったそうです。
ありがとうございます。


ただのジャズを聴くだけではなく、子供も大人も楽しめるショウで、演奏後の授業や生活に役立つ気づきの多いプログラムです。
ぜひ、他の学校からのオファーもお待ちしております。



そして、学校は卒業してしまったけれど、Swingin’ Devilsを体感したいというお客様!!

企業のレセプション、懇親会などでもお声がけいただけましたら、特別公演を行いますのでお気軽にご相談くださいませ。
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square